AIS品質評価

トップ > 

ワールドワゴンの在庫車両には、全てAISの品質評価表がついています。
第三者の厳しい目で判定された品質は、「信頼」と「安心」に値するものです。

AISとは

株式会社オートモビル・インスペクション・システムは、 業界唯一の車両検査専門会社である第三者機関として、 安心・信頼される有用な情報や技術の提供など、 中立的な立場として消費者の保護・社会へのさまざまな貢献を目指して取り組んでいます。

中古車市場における検査というのは、品質評価をすることにあります。 「中古車」は、新車ディーラーで販売しているような新車とは異なり、 主に一般ユーザーが使用していた車両を何らかの理由によって手放すことにより発生しています。 現在、中古車販売店の展示車両や買い取り車両などの多くは、 オークション会場などを利用して取引されていますが、 中古車は「一物一価」のものであり一台として全く同じコンディションのものは存在しません。 そのため、一台一台の価値も大きく異なってきます。すなわち、 使用状態により大きく価値が異なるのが「中古車」であり、この車両価値を見極めることが「検査」となるわけです。

修復歴車は、世間一般的には事故車と呼ばれています。
そのため「事故に遭った車両=事故車」と思われがちですが、 修復歴車には定義があり事故に遭った全ての車両が修復歴車というわけではありません。 例えば、ボンネットやドアが交換されているだけでは修復歴車にはなりません。しかし、このように修理されている中古車は、きちんと状態が分からなければ不安が残ってしまいます。 そのため、安心して中古車の取引をするためには、 販売する側にもユーザー側にも正しい知識と理解が必要になります。 つまり、明確な説明と正しい理解があってこそ、安心できる中古車の取引が成立するのです。

修復歴車を判断するためには、まず車両を構成しているパーツを外板部位と 骨格部位に分けて考える必要があり、大枠では以下のように分類されています。 但し、各部位ごとに細かな取り決めがあるため、以下の分類に当てはまらない部位もあります。

窓下
画面上に戻る